オンラインで修士号を取ろう!The Road to Get MPH

IT企業で仕事をしながら、公衆衛生の修士号を取得するまでのブログです。2015年8月にUniversity of Liverpool Master of Public Health program Management of Health Systems course に合格。

University of Liverpool online MPH が、2021年4月まで新規入学生受付を停止

こんにちは、小迫(こさこ)です。 Twitterのフォロワーの方から衝撃のニュースを教えてもらいました。 2018年11月から2021年4月まで、Universiry of Liverpool のオンライン学生の新規受付を停止するそうです。 リヴァプール大学、オンラインでの新入生受付…

MPHの卒業資格を得ました!

Twitterをフォローくださっている方はご存知と思いますが、 11月7日に、修論の審査が終了し、リヴァプール大学から正式に卒業資格を得たという連絡をもらいました。 大学院、卒業決まった!晴れてMPH!!12月、卒業式でリバプール行きます! — masami kosako (…

日本人は努力の総量が足りないというのは本当かも

2013年の記事でとても印象的な記事があります。 MITメディアラボ所長の伊藤穰一さんが好きな私は、彼の記事をしばしば読みます。タイトルが頭に残っていつも読み直してしまうのが、上で紹介した記事。 記事の中で印象的な部分をいくつか引用します。 コンピ…

オンラインで、大学の学位を取ることは可能なのか?

久しぶりに、問い合わせフォームから問い合わせをいただきました。 なんと高校生から。 卒業後の進路を海外のオンライン大学にしたいなと考えています。学位は学士で、将来は翻訳者になりたいので翻訳学科か外国語学科がいいかなと考えています。 とのこと。…

「途上国」との個人的な関わり方

高校の時、交換留学先で知り合ったフィリピンの友人が大学の講師をしていて、その彼から「marginal な家庭出身の生徒と一緒にイベントやるから、寄付してほしい」と言われました。 PayPal 経由で寄付しました。 無事に寄付金で、全員分のTシャツが買えたみ…

オンライン大学院で修論を書き切った話

4月の更新から、2ヶ月ほど空いてしまいました。 修論について、「振り返ろう、振り返ろう」と思っていたのですが、修論を提出してから、力尽きていました。 修論を出し終えてから、 本業(IT企業)がそこそこ忙しくなった GWにニューヨークに旅行にいった …

修論を出し終えました。

2018年4月15日の深夜3時(実際は、4月16日)、無事に修論を出しました。 そのとき、率直に思った感想は、こちらのツイート。 修論、書き終えて、提出しました。みなさん、ありがとうございました。@micco_35 、30ヶ月、いつも支えてくれて、ありがとう。修論…

How I Work: 途上国で働く助産師のオンラインMPH

私も過去に2度ほど書いたHow I Workシリーズ。どういう環境で勉強しているかを記事にしています。 今回は、途上国で働く助産師の「How I Work」をお送りします。 経緯 Twitter でよくやり取りをしている方のひとり、「途上国で働く助産師」さん。オンライン…

そもそもキャリアのために学ぶのか?

1つ前の投稿に、思ってた以上の反応をいただきました(と言ってもそんなに多くないけど)。 Twitterでの反響をみていて、トップスクールを目指すこと以外にもう一つの疑問が出てきました。 「そもそもキャリアのために学ぶのか?」 わたしの場合は、仕組みや…

トップスクールを目指すかどうか:私の結論

Twitterのやりとりで、気になるものを発見しました。 夜間飛行氏と津川友介氏のやりとりです。 MD+MPHだったらTerminal degreeとなり、これだけでキャリアを上り詰めることができますが、MPH単独だと弱いかもしれません。国際機関に就職するためには修士号は…