オンラインで修士号を取ろう!The Road to Get MPH

IT企業で仕事をしながら、公衆衛生の修士号を取得するまでのブログです。2015年8月にUniversity of Liverpool Master of Public Health program Management of Health Systems course に合格。

MPHの卒業資格を得ました!

f:id:massy535:20181118010408j:plain

Twitterをフォローくださっている方はご存知と思いますが、

11月7日に、修論の審査が終了し、リヴァプール大学から正式に卒業資格を得たという連絡をもらいました。

 

実際は、こんなメールが来ます。

f:id:massy535:20181118005133p:plain

 

長かったです、本当に長かったです。

TOEFLの勉強を始めたのが、2015年3月くらいだったはず。

リヴァプール大学公衆衛生大学院オンラインコースに合格したのが、8月くらい。

そこから丸3年の月日が経ちました。

また修論を出したのが、4月中旬でしたので、結果を知るのに半年以上待ちました。正直いまの段階で修論のフィードバックをもらっても、、、結構熱が冷めてます。

入学のタイミングは年に3回あるオンライン大学院ですが、卒業は年2回しかありません。私は運悪く一番待たないといけないクールだったみたいです。

 

ここまで来れたのは、すべて自分自身の努力!と言いたいですが、真実を言うと60%は妻の支えのおかげです。辛抱強く私と一緒に生活をしてくれたことに本当に感謝しています。 

 感謝の意味も込めて、卒業式は家族みんなで参加してきます。

感傷的なブログの更新になると思いきや、喉元過ぎれば熱さを忘れるようで、個人的には「つぎ!つぎ〜〜!」という感じで、将来のことを考え始めています。

 

このブログも更新を続けるか悩んでますが、卒業式のことやその後の公衆衛生大学院のトピックなどで新しい情報があれば更新していこうと思います。

もちろん、オンライン学習についても、更新していきます。

 

胸を張って卒業して、MPHホールダーと言えるのは卒業式のあとからですが、

ひとまず、MPHの卒業資格を得ました。

 

このブログを読んでくださっているみなさん、応援ありがとうございました。無事にここまで来れました。

うれしいです!

ちゃお。