オンラインで修士号を取ろう!The Road to Get MPH

IT企業で仕事をしながら、公衆衛生の修士号を取得するまでのブログです。2015年8月にUniversity of Liverpool Master of Public Health program Management of Health Systems course に合格。

粛々と修論をやってます

ひさしぶりの更新です。

最近は、自分が昨年(2017年)に立ち上げた一般社団法人でブログメディアを始めたので、そちらに注力してました。

 

修論についてですが、粛々と進めています。3月の中旬にはドラフトを提出して、4月には正式な論文を出し終えて置かないといけないのですが、間に合うのかとても不安・・・。

 

修論は、以下の要素で構成されています。

  1. 導入、先行文献の検索条件, 先行文献の研究
  2. リサーチクエスチョン、リサーチの目的、マイルストーン、疫学的な意味、方法論
  3. リサーチの結果
  4. 議論すべきところ、結論

という4部構成で、全部で10,000 words (±10%)です。

 

10,000 words...

 

いつも期末のレポートが 1,000 wordsで、修論のプロポーザルが2,000 wordsだったのに、10,000って・・・。

 

修論は、SPSSを使ってロジスティクス回帰分析を使用しようとしていますが、そこにたどり着くまでの第2章までで1ヶ月使ってしまいました。

ということで、ブログを更新している場合ではないのでm(_ _)m
残り2ヶ月弱、、、がんばりますっ!ちゃお。