オンラインで修士号を取ろう!The Road to Get MPH

IT企業で仕事をしながら、公衆衛生の修士号を取得するまでのブログです。2015年8月にUniversity of Liverpool Master of Public Health program Management of Health Systems course に合格。

妻とバトンタッチ(仕事復帰)して、私が育休と取ろうと思った3つの理由

どのブログに書こうか悩みましたが、更新頻度が高いブログを選びました。 育休に入る直前、以下のことを十数人の方からご質問いただきました。 「なんで育休をとるんですか?」 「奥さん、なんで早く復帰されるんですか?」 訊いた方がこれだけいるので、疑…

修士論文の倫理審査 無事に通過しました

前回の投稿で、大学院に、修士論文についての倫理審査の書類を提出したことを書きました。 http://www.mphonline.tokyo/entry/2017/12/14/231546 2017年12月24日に、私の修士論文のアドバイザーから「ホリデーギフト」として嬉しい知らせをもらいました。 上…

修士論文 倫理委員会に書類を提出しました

倫理委員会の審査 11月にDissertation Proposal “修論計画”が承認されました。それから2週間で、倫理委員会用の書類を揃えました。 私の場合、UNICEFの分析用のデータを使って修論を書く予定なので、倫理委員会用の書類は比較的ラクでした。分析用のデータを…

HOW I WORK : オンライン大学院生の仕事術

私が好きな記事に、ライフハッカーのHOW I WORKという連載があります。HOW I WORK | ライフハッカー[日本版] 2016年4月にも同様に、ライフハッカーのHOW I WORKを真似して書きましたが、最近、生活環境のアップデートが多いので、2017年12月版を書きます…

修論計画通過!倫理審査へ

ついに 長かった修論計画が、2017年11月末に、わたしの修論担当アシスタントおよびレビューアたちからOKができました。 倫理審査へ 計画が通過したら、すぐに倫理審査が待っています。 私の場合は、2次データと言われて、公開され分析してもよいデータセッ…

オンライン大学院に通って、できるようになったこと/思ったよりできないこと

オンライン大学院の授業が始まって、丸2年が経とうとしています。 始めて1年のときに、メリットデメリットという形でオンライン大学院について振り返ってみました。 オンライン大学院:1年経過してわかったメリット・デメリット - オンラインで修士号を取…

修論計画の道のりは長い・・・

記録用として徒然なるままに・・・。 修論計画を書いています あれ?このトピック長くないか・・・? そうです、長いんです。。。 初めに修論計画について投稿したのは、2017年2月 初稿を書き終えたのは、同年3月。 いまは、同年9月。 なんかおかしい?まだ…

最近、眠い

猛烈に眠い。 なかなか勉強が手につかない。 眠い。おやすみなさい。 そんな時もあります。 ちゃお。

なぜ修論のあるコースを選んだのか?

お問い合わせをいただきました 授業だけでも修士号を取得できるマスターコースがあるのに、リヴァプール大学(リヴァ大)という研究が中心の大学の"修論が必須のコース"をなぜ選んだのか、、、と。 振り返ってみました 理由は、修士号を取る目的まで遡ります。…

レポートの作成時の必須アプリ

オンライン学習(とくに、大学や大学院での勉強)の方に、少しでも情報をシェアできたらと始めたこのブログ。 バタバタしてたら、更新がかなり空いてしまいました^^ 更新してない間に、一般社団法人を立ち上げたり、 Pubpubという別のところで、エッセイを書…

一般社団法人を設立しました!

長年温めてきたアイデアを実現すべく、一般社団法人を設立しました。 きっかけは、このブログ。 一般社団法人Healthcare Ops (読み方 ヘルスケアオプス)と言います。 www.healthcare-ops.org 個別に最適化している医療経営・運営のノウハウやコツを、イン…

新生児の育児日記は、Googleフォームがおすすめ

報告 2017年5月8日に娘が生まれました。 毎日が喜び(Joy)に満ちあふれています。娘の横で大学院の勉強するのが今のお気に入りの時間です。 参考文献読み終わり、グループディスカッション用の掲示板にも、全体のまとめを投稿しました^^(写真は昨晩のわが…

Wifi環境が整えば、世界の教育の仕組みが変わる

2017年5月5日に、Facebookのマーク・ザッカーバーグが投稿した映像を見ました。 FacebookのエクスプレスWiFi エクスプレスWifiでは、通信事業者、インターネットサービスプロバイダー、地域の起業家と連携することにより、世界各地のサービスが未整備な地域…

仕事を通じて学んだ、肝に銘じている言葉たち

仕事を通じて学んだ、心に残っている言葉たち、肝に銘じている言葉たちを書いていきます。 リーダーシップ編 あの人が飲み会やったら人が集まるのに、自分がやったら集まらない。集まらない度に、飲み会をリスケしてたら、いつまでたっても自分の周りに人が…

どういう心持ちで仕事をするか?

プロフェッショナルファームへのあこがれ Photo via via VisualHunt.com 大学時代の就職活動から、どうしてもかっこいいと思ってしまう職業。 弁護士 経営コンサルタント 公認会計士 医師 上記の職業は、使命や課題が明確で、ドラマになりやすくて、かっこい…

修士論文計画書を提出した話

修士論文なんて 私がオンラインで通っている The University of Liverpool リヴァプール大学(通称リヴァ大)は、イギリスを代表とする研究機構のひとつです。ノーベル賞も、2017年3月時点では9名輩出しています。 そのためなのか、修士課程の卒業には、論文…

修士論文計画書を書き始めました

授業と並行して、修士論文計画書を開始 研究を強みに打ち出すリヴァプール大学では、論文を出すことが卒業の必須条件です(世の中には、論文を提出せず学位を取得できる大学もあるみたいです)。 2015年10月から始めたオンライン大学院も、1年半が経過し、修…

なんでリヴァプール大学を選んだのか?

お問い合わせフォームを設けてから すぐに、「どうして、リヴァプール大学を選んだのか?」という問い合わせをいただいた。 仲の良い友人に「リヴァ大」と言われ、自分の中でも定着した「リヴァ大」。どうして、私はリヴァ大の入学を決めたのだろうか。 Phot…

お問い合わせフォームを設置しました

オンライン大学院の同級生とランチしました。 先日、同じオンライン大学院のUniversity of Liverpool(UoL)に通う方とランチを食べました。その方は、UoL入学後に私の名前を検索してくださり、学校用のアドレス宛に連絡をくださいました。とても楽しく話を…

Module 5〜7を振り返って:授業内容まとめ

Module 7、無事に終了。 Photo credit: chibitomu via Visualhunt / CC BY-NC-ND 7つ目のModuleを無事に終え、新しい年である2017年を迎えることができました。 公衆衛生(MPH)の勉強を始めたのは2015年10月。気づけば1年3ヶ月が経過しました。Module 1…

大学院に通っていることを職場で言うか、言わないか。

オンラインとはいえ、大学院は大学院。 通いの大学院なら、夜に授業があるため「お先に失礼します〜」と言い、オフィスを出るでしょう。その際は、おそらく職場の方に事前に説明をして、理解をしてもらっているでしょう。 オンラインの場合は、時間も場所も…

戦略的に睡眠を〜仕事と並行して大学院を進めるコツ〜

眠い とにかく、毎日眠いです。 やる気がないとか、夜更かしが過ぎるとか、と違って、オンライン大学院をやっていると眠いです。 Photo via mathey via Visualhunt 一日3時間をどう確保するか 会社で8時間働く前後、1日3時間くらいは勉強します。 出勤前の1…

仕事とオンライン大学院を両立しながら、引っ越ししました。

タイトル通りですが、 引越ししました。 2016年11月4日に、東京都大田区から江東区に引っ越しました。 オンライン大学院をやりながらの引っ越しは大変・・・ 何度か紹介していますが、University of LiverpoolのMaster of Public Healthのコースは、 2週間単…

やりたいことが固まってきた という話:病院運営のwikipedia

以前、こんな投稿をしました 将来やりたいのはこんなことかなーと、半年前は考えていました。 公衆衛生における、健康促進、自殺、糖尿病、がん検診などの分野において、それらの活動や提供物を創造・伝達・交換するために、よりよい提案や改善活動、プロジ…

仕事と大学院を両立しながら、出会いを大切にするには

時間がない 10時が定時のうちの会社。朝は8時半から1時間、会社の近くのカフェで勉強しています。平日の夜は週4日2〜3時間くらいレポートを書いたり文献を読んだりしています。土日も、4時間ずつは確実にパソコンにかじりついてます。 だけど〜〜〜〜、人に…

母校の高校でキャリアの話をしてきました

卒業した母校から、「職業講演会で、仕事の話をしてくれないか?」という依頼をいただいた。 母校は広島にあり、正直東京からわざわざいくことか?とも思ったが、嬉しさが抑えきれなかった。 自分の原点で、自分の仕事の想いを伝えられる 私が、公衆衛生を学…

エッセイ#05:The Program Evaluation of The Remote Working System in ICT Company

ブログの更新がしばらく空いてしまいました。 2016年9月28日に無事にModule 5が終わり、1週間ほど夏休みを取っていました。大学院だけじゃなくて、仕事もこの週に合わせて休みをいただいたので、本当にリラックスできました。 Module 5では、公衆衛生の向上…

オンライン大学院の時間の使い方は、大学の研究者と同じ

大学時代のゼミの教授に会いにいきました 大学のとき所属していたゼミの教授がサバティカルでアメリカに行くとのことで、アメリカに旅立つ直前に教授に会いに行きました。 1時間ほど、教授と仕事や家庭、人生についてあれやこれや話しました。 Photo via Vis…

身近な人の死について思うこと

身近な人の死について思うところがあったので、せっかくだし文章にまとめてみようと思います。 大切な人が亡くなった悲しみは消えない のかもしれない。 17歳のとき、ふたりの祖父を亡くした。 25歳のとき、祖母を亡くした。 26歳のとき、父を亡くした。 28…

働き方を変えてみようと思う

ここ数日、私は毎朝、鏡に向かって自問している 『もし今日が自分の最後の日だとすれば、今日しようと思っていることが、本当にしたいことだろうか?』 答えは・・・。 前回のブログを書いてから、あれこれ考えました ひとつ決めたことは、目の前の仕事から…